Victor Kinjo / ビクトール・キンジョウ(Brazil / ブラジル)

Victor Kinjo

ヴィクトール・キンジョウは、サンパウロ生まれの沖縄系ブラジル人3世のシンガーソングライター、研究者、プロデューサーである。
ブラジル音楽をポップやロックと融合させた1stアルバム『KINJO』(YB Music / 2017年)でブラジル音楽賞2018のベストリージョナルシンガーにノミネートされるなど、活躍の場を広げている。
2019年、国際交流基金サンパウロ日本文化センターの支援により、自身がポルトガル語に翻訳した喜納昌吉の『花-すべての人の心に花を』をブラジル版で発売。
現在、エルザ・ソアレスの「Mulher do fim do mundo」のプロデュースで知られるラテン・グラミー賞受賞者ギリェルメ・カストルプを音楽監督に迎え、ブラジル、沖縄、世界の音とインディー、ポップが融合したセカンドアルバム「Terraqueos / テラケオ」を発売準備中。
キンジョウはカンピーナス大学で社会科学の博士号を取得し、沖縄ディアスポラ人のアイデンティティ、表現、音楽、パフォーマンスについて執筆した。また、サンパウロ大学高等研究所でポスドク研究員も務めている。
2022年3月から5月まで、沖縄国際大学主催の国際交流基金研究員として、沖縄と日本に滞在する予定である。彼の音楽と考察を「Music Lane Festival 2022」で共有したいと願っている。

***********

Victor Kinjo is a third generation Okinawan-Brazilian singer, songwriter, researcher and producer born in São Paulo. He was nominated as Best Regional Singer at the Brazilian Music Awards 2018 for his first album KINJO (YB Music, 2017) melting Brazilian music with pop and rock. In 2019, he launched a Brazilian version of Shoukichi Kina’s”花―すべての人の心に花を” translated by him to portuguese with the support of the Japan Foundation in São Paulo. Currently, he prepares to launch his second album “Terraqueos” melting Brazilian, Okinawan and world sonorities with indie and pop, with the music direction of Latin Grammy winner Guilherme Kastrup, acclaimed by the production of Elza Soares´ “Mulher do fim do mundo”. Kinjo is a PhD in Social Sciences at the University of Campinas, when he wrote about Okinawan Diasporic identity, representation, music and performance. He is also a post-doctorate researcher at the Institute of Advanced Studies of the University of São Paulo. From March to May 2022 he will be in Okinawa and Japan as an artist-researcher hosted by Okinawa International University with the support of Japan Foundation Research Fellowship. He would love to share his music and reflections with Music Lane Festival 2022.