SCRUBB (Thailand)

“Muey” (Thawachpon)
“Ball” (Torpong)

 

“SCRUBB “は、元音楽好きの2人、Muey(Thawachpon)とBall(Torpong)のコンビです。

彼らの楽曲は自分たちの身の回りのものやライフスタイルから生まれた曲だという。バンド名の “SCRUBB “のような複雑なものはなく、わかりやすい。バンド名の “SCRUBB “は、アンダーグラウンドなプロジェクトに取り組む際に、二人が使っているボイスレコーダーのような普通の機能に過ぎないのだ。しかし、この一般的な名前には、彼らの曲の多くと同じように、何か親しみのあるものが隠れている。

 

このアルバムが自分たちの力で自然にうまくいったことを彼らは幸運と呼び、それが2人のメンバーが継続的に作品を作り続けることにつながった。SCRUBB』(2003年)、『Club』(2005年)、EP『Mood』(2007年)を経て、ヒット曲をエレクトロ・アコースティックにリメイクした『Chud Lek』(2008年)を発表する。

このアルバムが好評だったため、昔の曲の知名度もぐっと上がった。ทุกอย่าง (Everything)”, “เข้ากันดี (Click)”, “ใกล้ (Close)” などの曲は大ヒットし、ライブで演奏されると一緒に歌ってしまうほど観客にとって馴染み深いものとなった。2018年、最新アルバム『Season』をリリースし、それをきっかけに初コンサート “Scrubb 18+”を開催。公演発表後、チケットが完売するほどの反響を呼んだ。

 

20周年を迎えるSCRUBBの音楽活動は、2020年から始まり、2021年にはグループ初の海外楽曲「Surfing」で、応援してくれた海外ファンへの感謝の気持ちを込めたような楽曲を発表します。SCRUBBとユニバーサルミュージックジャパンのコラボレーションによるアルバム『Songs in 2gether』は大好評だった。

 

オンラインはTop Japan Billboard Chartに、オフラインはGMM Pop-up Store Japanに、いずれもシンプルな英語歌詞で添付されている。その曲で心地よく笑顔になれる。2021年は「พรุ่งนี้ (Someday)」で締めくくり、SCRUBBはすでに22年目の音楽の旅に入り、2022年は「แด่เธอ (There)」で幕を開ける。すべての曲にはSCRUBBのすべての定義である、Good Vibes, Positive energy, Healingが含まれている。

 

 

 

Spotify:https://open.spotify.com/artist/3zSMaWnvUzyNlOW0Tj2s4N

Apple Music : https://music.apple.com/us/artist/scrubb/284830189